海外での遺伝子検査事情

遺伝病があるかどうか、三大成人病発症などのリスクなどを知ることが出来るのが遺伝子検査です。

ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査により判明した乳がんリスク軽減措置として乳房切除・再建術をしたというニュースもきっかけとなり、その存在について日本ではやっと少しずつ認知されてきた段階で遺伝子検査マイコードという口コミで人気のキットも販売されています。
私も購入して検査しましたよ。

海外での遺伝子検査事情は、上記のように検査自体はかなりポピュラーなものになっていると言えます。専門家が中心となって第三者検証機関が取り組み、法律による規制やプライバシーの保護などにおいても、かなり進んでいます。

アメリカでは遺伝子検査が2000年代ではすでにビジネス化していました。取り扱う会社が一時期は約30社ほどに増えましたが、現在では数社となっています。検査は医療行為である、という考えは非常に重要なポリシーとなっています。

受精卵の遺伝子を調べるという着床前診断もありますが、日本においては、こちらは重い遺伝子疾患の回避という目的の場合のみに適用されますが、アメリカでは着床前診断を実施する16.7%が男女の産み分け目的となっていると言われています。

ヨーロッパにおいては、フランス・ドイツでは医療機関を通さない遺伝子検査は禁止となっています。


コメントは受け付けていません